アロマの部屋 縁

aromaen.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ホメオスタシス/自律神経

ホメオスタシスの維持が健康を維持することになる。
と言うお話を前回しましたよね!!


そのホメオスタシスをコントロールしているのが、脳の視床下部という部分で、
視床下部は神経系の中枢であり、内分泌系(ホルモン)のバランスをとり、
③免疫系の働きにより、身体を外的から守るという3つの役割をしてくれてます。

この3つは互いに深く影響をし合い、どれか1つ不調になると、ほかの2つにも
影響を与えてしまいます。


①神経系の中で代表的なのが自律神経です!!

自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなり、一方が強い時は、もう一方は
弱められると言うように、バランスをとっています。

そして、この自律神経は最もホメオスタシスの維持に重要なんです005.gif


では、自律神経は私たちの身体の中でどんな事を調節しているのでしょう?

身体の中で自分の意志では調節できないのは何ですか?

体温、内臓、消化器系、循環器系(血圧・心拍・血管)などです。

例えば、体温を上げたり下げたりは自分の意志では出来ないですよね!!

心臓がドキドキ! これも勝手にドキドキしてしまうんですよね!!

心拍(心臓のドキドキ)で言えば、100m走で走るときは交感神経が優位になり、心拍は早く、筋肉は収縮する状態なんですが、走り終わるとドキドキもだんだんおさまってきますよね!!

心拍を元に戻そうと今度は副交感神経が優位になり、ドキドキを抑えるよう働きます。

「おかまをほられて、ムチ打ち」なんて聞きますよね?

後ろから車がぶつかる事を知らなければ無防備状態、筋肉は緩んでいるので骨を支えることが出来なく衝撃で骨がずれてしまう。
もし、ぶつかると気がつけば、瞬間に交感神経が優位になり筋肉を収縮し骨をおさえるようしてくれるので軽く済むんですよね003.gif


交感神経ばかりが優位でいると戦いモードが続き身体は疲れ倒れてしまいます。
そんな時に元の状態にするよう副交感神経が優位になり、疲れた身体を修復してくれます。

その逆に副交感神経ばかりが優位だとやる気が出ないでダラダ状態に…。

ストレスも同じです。
ストレスを受けると交感神経が優位になり、これを軽減する為に副交感神経が働く!!


これは肉体的な疲れ、精神的な疲れの両方に言えるんです043.gif

ホメオスタシスの維持にはこの自律神経がきちんと整っていることが大切になるんです003.gif













[PR]
by aromaroom-en | 2014-02-19 21:06 | 健康

大雪から5日目

2月15日⇒2月19日

c0314956_14193605.jpg
                      ↓↓
c0314956_14195932.jpg


c0314956_14192242.jpg
                     ↓↓
c0314956_14201400.jpg



今回の雪はホントちょ~すごかった005.gif  
小学校は今週いっぱい休校になったみたいです。
道路は車が通れるよう内側の雪を歩道に。歩道は雪の山。

今はみなさん歩道の雪を何とかしている状態。

でも、富士吉田市は今だ道路がふさがれ車が通れない場所も多数あるんです!!

わが家の前は大きな川がありポイポイ捨てられるおかげで、
だいぶ雪はなくなったんですが他の場所は掻いた雪の山だらけ…007.gif

ガソリン、灯油もスタンドでは売り切れ008.gif
今朝、大月ICが開通したとニュースでやってたのでこれで、
流通も回復してくるし明日の雪マークも取れ晴れの予報になったし、よかった003.gif

    皆さんお疲れ様です。


[PR]
by aromaroom-en | 2014-02-19 16:09 | 日常

よくみるとネコが…

c0314956_20324479.jpg


よくみるとネコが005.gif

何と、、息子に放り投げられしばらく雪に漬かってた005.gif

c0314956_20381666.jpg



ぶじ脱出003.gif
[PR]
by aromaroom-en | 2014-02-16 20:32 | 日常

ホメオスタシスの維持が健康の維持!!

恒常性(ホメオスタシス)って言葉を聴いたことありますか?015.gif

私たちの身体の中では、常にバランスを一定に保とうとする仕組みが働いていて、軽い症状であれば自然に治癒する力を持っています。

例えば、暑くても、寒くても身体は一定の体温を保つように調節してくれます。

軽い火傷、ケガ、すり傷、また軽い風邪など何もしなくても直ったりしますよね。

血圧、血糖値、血液量、体液などの内部環境が変化したとき、それを元の状態に戻そうとします。

このことを恒常性(ホメオスタシス)といいます。039.gif

恒常性は生きることを維持しようとする働きつまり恒常性(ホメオスタシス)の維持が健康の維持につながると言うことです。

そして、恒常性(ホメオスタシス)をコントロールしているのが、脳にある視床下部です。


視床下部神経系・内分泌系・免疫系の3つの働きで調節され、体内のさまざまな情報を取り入れ、恒常性を保つよう指令を出しています。

(以上、AEAJアロマテラピー検定1級・ライブラ香りの学校を参照)


では、この恒常性を保つには何が必要でしょうか?

それは、栄養・運動・休養の基本的なことなんです!!

食べる・働く・寝るですね003.gif

次回は神経系・内分泌系・免疫系のお話です。








[PR]
by aromaroom-en | 2014-02-10 22:42 | 健康

リンパを流すと⑤免疫

リンパの一つの役割である、免疫系についてお話しします。

私はこの免疫系の事を知った時、とても感謝しました!!

「私の知らない所でこんなに頑張ってくれていたんだ!!」と019.gif


なぜなら…
血液の成分の1つに白血球があります。
白血球は私たちの身体の中を、免疫の主役として年中無休で循環してくれているのです。

そして身体の中に、自分ではない物(細菌・ウイルスなどの病原体)が侵入すると、すぐさまそこに行き戦いやっつけてくれているのです066.gif

自分ではない物=「非自己」  自分=「自己」

免疫は自己と非自己の認識をし、非自己に対して抵抗するシステムなんです。


例えば、インフルエンザ予防接種は非自己のウイルス(抗原)を軽く自分の身体に入れます。すると、白血球の中のリンパ球はそのウイルスを分析し戦う武器(抗体)を用意します。
なので、本物のインフルエンザウイルスが身体に入ったとしても用意していた武器で戦い勝利できるんです!!

ただ、がん細胞は自己なんですよね。

自己か非自己を認識するのは難しいんです。高度な能力が必要になんですが…。


リンパ球の中のT細胞は頭いいんですよ!!
自己、非自己の見分けをし、敵に対しての攻略法、武器を考え、それをB細胞に伝えてくれます。
B細胞はその情報を元に抗体(武器)をたくさん作るんです026.gif


白血球は他にも仲間がいます。

○リンパ球…T細胞・B細胞・ナチュラルキラー(NK)細胞
○顆粒球…好塩基球・好酸球・好中球 
○単球(マクロファージ)

T細胞はさらにヘルパーT細胞・サプレッサーT細胞・キラーT細胞に分かれます。

日本の警察のシステムに似ていて、どれもそれぞれの役割があり、病原体の種類や場所でどの免疫が出動するか決まります。
また、協力し合ったりもします。


単球(マクロファージ)はやっつけた敵を食べたり、直接食べたりと大食いなんですが、食べた物の特徴をちゃんとT細胞に伝えるんです。

ナチュラルキラー細胞はちょっと変わっていて、警察で言えば相棒的存在になります。
勝手に行動し情報を集め解決する!! 
手ごわい敵のがん細胞にも負けない、優秀な警察官?ではなく、優秀な免疫なんです066.gif


ナチュラルキラー細胞は、笑えば増えるって聞いたことありますか?

大切なことは、この免疫系の働きが元気でいることです!!

それは、心と深く関係してきます。


続きはホメオスタシスで…。










[PR]
by aromaroom-en | 2014-02-05 00:48 | リンパって?

リンパを流すと④お客様に良くお話しすること…

お客様によくお話しする事…

私たちの身体の中でリンパは下水道の様な役割をしてくれているんです!!

もし、下水道のどこかが詰まったりしていたら、汚れた水が滞り流れが悪くなり、支障をきたしますよね?002.gif

リンパの滞りは疲れやコリ、むくみ、病気などの元となってしまいます!!
リンパが滞ると血液の流れも悪くなってしまいます008.gif

血液の流れが滞ると栄養が行き渡らなく細胞は弱っていきます!!
(人間は約60兆個の細胞のかたまりで出来ている)

細胞が弱ると言うことは健康ではない身体になってしまうと言う事なんです!!

リンパの流れを改善することは、血液の流れの改善でもあり、元気な身体になる事です003.gif



リンパには2つの働きがあります!!

① ケガや傷などで侵入する細菌やウイルスなどの病原体が身体に入ってくると、即座にリンパ球が反応し身体を守るよう戦う免疫の働き。

② 余分な水分や細胞から排泄された老廃物などの不要な物を回収しリンパ節でろ過しながら運搬する浄化の働き。


全身に血液が流れる血管が通っているように、リンパ管も全身に張り巡らされています。
リンパ管の中を流れている液ををリンパ液と言います。

リンパ管の所々にリンパ節があり流れてくるリンパ液をろ過しながら静脈へ回収されていきます。リンパ節を通過するたびろ過されるので、キレイな液になります。023.gif
リンパ節は全身約800個もあるそうです005.gif
特に、わきの下、首、ソケイ部に多くあります。


リンパの流れは2コースあります。

・両足の抹消の毛細リンパ管と左手指の毛細リンパ管抹消から始まり、他 のリンパ管と結合しながら最後は左側リンパの胸管につながり、左鎖骨 下の静脈へ流れるコース

・右手腕、右上半身を抹消から結合をしていき、右リンパ本管から右鎖骨 下の静脈へ流れるコース。
 
  いずれも、心臓、肺を通り、再び全身へと送られていきます。

c0314956_21364928.jpg














[PR]
by aromaroom-en | 2014-02-02 23:38 | リンパって?