アロマの部屋 縁

aromaen.exblog.jp
ブログトップ

皮脳同根

アロマトリートメントが気持ちいいわけ…。

「皮脳同根」ひのうどうこん
字のごとく、皮膚と脳は同じ根と言う意味です。
私たちの身体は約60兆個の細胞の集まりですが、その始まりは、一つの卵子と一つの精子が出会い受精をします。受精後弟三周目に入ると、内胚葉、外胚葉、中胚葉と3つに形成されます。

内胚葉…主に消化管や消化噐、呼吸器、甲状腺など。
中胚葉…主に循環器、腎臓、筋肉、血管、骨など。
外胚葉…主に脳や抹消神経、皮膚や、感覚器。

アロマテラピーでのトリートメントで肌に触れることは、同じ外胚葉由来の脳に触れてるのと同じと考えます。

同じルーツ(根源)をもつきわめて近い存在なので、「皮脳同根」と言われています。

現代は様々なストレスを受け、脳が疲労している人逹も少なくありません。
アロマトリートメントの肌と肌のふれあいは脳にふれ、脳を癒す事ができる一つの方法と言えます。
[PR]
by aromaroom-en | 2013-12-25 13:11